顔のたるみに悩める人が増加中?

TOPへ  そばかすを消す治療を行う  メイク  飲み薬  保険適用  美容皮膚科でのたるみ治療  予防方法  そばかすの治療  コンプレックス  肌の変化  効果が高い治療法  コスメを活かす  人気の施術  ニキビの悩み  洗顔料にも配慮する  リモートワークによる顔のたるみ  MAP

ニューノーマルな働き方として、リモートワークを導入する企業が増えています。
自宅で働くことができるため、通勤の必要がなくなったり
感染予防ができたりなどのメリットがあります。

ただ、パソコンとにらめっこをする時間が増えることで
顔のたるみが気になり出したという人もいるようです。デスクワークの悩み

長時間パソコンを使っていることで、表情筋の衰えが生じるのが
原因のひとつですが、筋肉が使われないと皮膚もたるみやすくなります。

顔のたるみが起こると、全体的に老けたような表情になりやすいですし、
ほうれい線が深くなる懸念もあるでしょう。

顔のたるみの原因としてはその他にも、緊張感がなくなるのも理由に挙げられます。
人と直接会うことが減りますので、どこか気が抜けた状態になりがちです。

見られている意識があってこそ、保たれる若さもあり、それがあまりないリモートワークは
老化を促進する脅威とも言えるかもしれません。

スキンケアを疎かにするのも要注意ポイントです。
自宅が職場となると、肌のケアをせずとも働くことができてしまいますので
ついつい手抜きをする人もいるでしょう。

しかし、それが顔のたるみを引き起こすひとつの原因にもなり得るため注意が必要です。

運動習慣で若々しさを取り戻す

自宅にこもる時間が長くなると、体を動かす時間も少なくなってしまうものです。
運動不足に陥ってしまうのは、顔のたるみの問題だけでなく、体全体の健康にとっても良いことではありません。

そうした状況を改善するには、おうちで筋トレを行うことが大切です。
積極的に体を使う時間を作ることで、運動不足の解消になると共に
健康の維持にも繋がります。また、軽い運動でも気分がリフレッシュされ、
仕事へのパフォーマンスもアップすることでしょう。

仕事がはかどる

気になる顔のたるみを解消するための筋トレもあり、大事なのが表情筋をしっかりと動かすことです。
リモートワークで無表情になりがちなところ、意識をして顔の筋肉を使い、
皮膚を引っ張り上げるようにしましょう。

顔の筋肉を鍛えるだけならキーボードを打ちながらでもできますので
作業をしつつ顔のたるみを解消することもできます。

表情筋を鍛える方法は様々ですが、例えば口を大きく広げた後に今度はすぼめてみたり
目を大きく見開いてからしっかり閉じたりなど、簡単にできる筋トレがあります。

大事なのは意識的に行うことですので、作業中に顔や体を動かしていないと感じた時にサッと取り組んでみましょう。